村一番|転職活動は厳しい

コロナ禍で無職になった平凡な40代男性の転職活動とその後。

転職活動は在職中に?退社してからか?

\ スポンサードリンク /

f:id:sonthyou:20201011184249j:plain

若手とミドルの転職活動は違います。ミドルの転職活動の方がハードルが高いです。理由は簡単。求人数が少ないからです。また、求められるスペックも高いからです。では、平凡な40代は転職できないのか?答えは当たり前ですが「出来る」です。

出来るのであれば転職活動は在職中にやった方が良いのか、それとも退社してからやった方が良いのか?双方のメリット、デメリットについて記事にしたいと思います。

 

転職したい理由

そもそも転職したい理由は何なのか?によって在職中にするべきか、退社してからするべきかが変わってくると思います。転職したい理由は人それぞれですが、大きくわけると「給与」「仕事内容」「職場環境」「人間関係」などが挙げられます。そこで重要なのは、自分が転職先に求める要素に対して優先順位を付ける事です。何故なら

理想の職場は存在しないから。

自分が何をどこまで妥協できるかを決めておかないと、在籍中だろうが退社してからだろうが転職活動は成功しません。転職活動がゴールでは無く、転職先で自分なりの自己実現を満たす事が転職活動のゴールです。そのゴールを目指して転職活動を行うのです。

 

在籍中の転職活動

在籍中の転職活動のメリットは、当然の事ながら「経済的に余裕がある」です。経済的に余裕が無くなると人は冷静な判断は下せません。選択を間違える可能性が高くなってしまいます。つまり

妥協点が一定値を保てる。 

という事に繋がります。妥協点が一定値を保てるのであれば先に述べたゴールを目指す事が時間を使って行えます。しかし、逆に可能な限り自分のゴールを目指したいがために、転職活動は長期化する可能性が高くなります。次の問題点は

選考が進みづらい。

在職中の転職活動は現職の関係上、面接などのスケジューリングに苦労します。平日が休みの仕事なのであればそこまで苦労する事はありませんが、現職が土日休みの企業であれば、有給休暇を使用したりしてスケジューリングしなければいけない事があります。 

 

退社してからの転職活動

逆に、退職してからの転職活動は時間的な余裕があります。その為、面接などのスケジューリングで苦労する事はほとんどありません。また、入社時期に関しても企業側に合わせる事が出来るので、人の補充を急いでいる企業にとってはメリットとなります。しかし

経済的に余裕が全くありません。

これが何を意味するのか?貯蓄が底をつくと生きていけません。危機感がハンパありません。つまり、メンタルをやられてしまいます。メンタルをやられた人間は冷静な判断をとる事は難しくなってしまいます。

目先の内定に飛びつき失敗。

そういった事も普通に起こりえます。そうなると入社したは良いが直ぐに転職活動を繰り返してしまう人も大多数います。転職活動は内定を貰う事がゴールでは無く、転職先で自己実現欲求を満たすのがゴールなのです。

\ スポンサードリンク /

 

 

まとめ

以上の事から、転職活動は長期化するかも知れませんが在職中に行えればベストです。しかし、心身に異常が出ている場合に無理をして現職に留まる事はオススメ出来ません。何故なら、目の前に起きている事で自分が自分でいられなくなってしまうからです。

心を壊すと取り返しがつきません。

病気が治るのに何年もかかってしまうかも知れません。それこそ病気と一生付き合っていくかも知れません。それなれば、退職して一度休養をとってから転職活動をした方がよっぽど自分にとって良い事です。どちらにせよ、理想の職場はありません。今の自分を大切にする事が最優先だと思います。

 

ランキングをポチっと押してくれたら嬉しいです。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ

はてなブログの方は読者登録してくれたら嬉しいです。

 

村長のコロナ禍の転職活動:全11話

プライバシーポリシー お問い合わせ