村一番|転職活動は厳しい

コロナ禍で無職になった平凡な40代男性の転職活動とその後。

【実録】コロナ禍の転職活動:episode10「そろそろ疲れてきた編」

\ スポンサードリンク /

f:id:sonthyou:20201027171855j:plain

転職活動、疲れた。辛い。転職活動って孤独なんですよね。長期化すればするほど疲れがたまってきます。そろそろ疲れてきた時にどうすれば良いかを考えてみます。

 

転職活動が疲れる理由

退職してからだろうが、在職期間中だろうが転職活動というモノは凄く疲れます。人それぞれ理由はあると思いますが、疲れてきたら休まないと身体が持ちません。まずは、疲れる理由を考えてみる事にします。

 

孤独だから

これ転職活動中の人ならわかってくれると思いますが、誰にも相談できない、誰にもわかってもらえない、などが挙げられると思います。特に無職になってからの転職活動中の方は、先ほどの要因にもう1つプラスされます。

誰とも話さない日がある。

そう!社会から離れたわけですから誰とも話す機会がありません。家族と同居している方達なら家族とは話せますが、転職活動の事はそうそう話せません。

では、転職活動中の方が求めているのは何なのか!?

同じ境遇の人達と関わりたい。

同族嫌悪の逆です!同族相求!互いに求め合い自然と集まることです。今はSNSなどありますのでTwitterなどで同族相求を少しは満たされやすくなります。

 

成果が出ないから

当たり前ですが、成果が出たときは転職活動が終わる時なので、転職活動中に成果が出ることはありません。応募して、書類選考落ちたり通ったりして、面接して落ちたり通ったりしてのエンドレスタイムです。

同じことの繰り返しに飽きる。

そう、飽きるんですよ。何でもそうですが毎日同じことをしていると人間飽きます。食べ物だってそうですよね。カレーが好物だとしてもカレーが毎日でてきたら食べたくなくなります。何故、飽きると思いますか?

人間の本能だからです。

私達の視力は無意識のうちに新しいものを探しています。無意識の行動は脳では制御できないのです。だから飽きるんです。

 

応募先が見つからないから

以前にも記事にしたことがあると思いますが、「やってみたい」「働いてみたい」と思える応募先が必ずしも見つかるとは限りません。

自分の市場価値を理解していない。

よく言われる言葉ですが、市場価値って何だ?1人の人間が何社も入社することは基本的には不可能なので市場価値では無く、自分価値を理解した方が良いのでは無いのだろうか!?...我ながらいい言葉の様な気がする。

自分価値を理解していない!

素晴らしい言葉だ!応募先が見つからないのは「自分価値を理解していない」がゆえに、応募しようとしないのである。

 

書類選考や面接が通らないから

これらも転職活動で疲れるポイントです。人によっては一番ショックがあるかもしれません。応募しても書類選考で見送りになることが沢山あります。書類選考通過率なんて10%かも知れない。

期待しすぎるから反動がくる。

応募ポチは数秒です。たった数秒の行為なのに、その数秒の行為に期待しすぎでしょう。応募ポチの前に募集要項を詳しくみる方もいるかも知れません。そうなると数分かもしれません。しかし、所詮数分の行為ですよ。

面接で上手く話せない。

上手く話せない理由は何なんでしょうか?緊張するから?緊張するのは自分を良くみせようとしているからです。もしくは、まだ来ぬ不安に押しつぶされそうだからです。

コミュニケーション能力が低い場合もあります。村長もそんなにコミュニケーション能力が高いわけでは無いので気持ちはわかります。村長の場合は理由が自分でわかっています。

興味がないから。

人にしろ、その会社にしろ、興味がありません!だから逆質問なんて本当はありません。「逆質問でアピールしよう」って何だそりゃ!って感じです。

 

自分だけが取り残されている感

SNSとか見てると「内定もらった」とか良く目につきます。最初に記載しましたが同族相求が根底にあると思います。真面目に言い換えると、マズローの5段階欲求でもあるように社会的欲求や承認欲求が人間には備わっています。

誰にも認めてもらえない。

あの人は認めてもらえてるけど、自分は認めてもらえていない。この感情が「自分だけが取り残されている感」に繋がっています。

これらが転職活動において、「疲れる」や「辛い」と思う原因です。原因がわかったらそれぞれに対して対策を立てて実行しましょう。村長の完全な主観による対策を記しましょう。

 

疲れたらどうすれば良いか?

疲れる理由がある程度わかったら、次はどうすれば身体が少しは休まるのかを考えなくてはいけません。これも人それぞれ、やり方は違うと思います。あくまで村長個人の完全な主観で記載してみるとします。

 

孤独より孤高を目指せ

孤独と孤高の違いを説明します。

孤独とは「思うことを語ったり、心を通い合わせたりする人が一人もなく寂しいこと」です。孤高とは「集団に属さず身の考えや信念を貫き、ただ一人でその道を突き進む態度や行動」です。

自分に誇りを持てという事です。

どんな人でも、村長のような平凡な人物であれ、誇りを捨ててはいけません。孤独と思うから寂しくなるのです。辛くなるのです。

独り言でいいじゃないか。

関西人ってどちらかといえば思ったことを口に出しますよね?それって例え一人でいたとしても同じです。「トイレ行こ」「お腹減った」など一人で話してます。村長も同じです。トイレ行くのに誰かにいう必要ありませんが、「トイレ行こ」って家で一人で話してます。

自分で言っておいて何ですが、同族相求?違う!その根底の中にあるのは、自分より不幸な人はいないのか?下の人はいないのか?と比較できる相手を探しているのです。自分はまだマシだと安心感を得ようとしているのです。

だからこそ孤高であれ。

他人なんて関係ない。「自分より不幸な人がいるのか」「下の人はいないのか」は全て「自分の価値観」で決まっている。自分の価値観で勝手に決めておいてそれは無い。と村長は思います。

 

成果を出ないのは仕方がない

成果は転職終了です。転職活動中は成果が出なくて当たり前。成果がでるために、何度も同じことを繰り返すことは世の中では普通にあります。しかし、先に述べました通り人間の本能として新しいことを見つけようとします。その変化が見つからなければ「飽き」に繋がってしまいます。

視点を変える努力をしよう。

争点が面接ならば、逆に面接官を評価してみてはいかがでしょうか?村長は平凡な人物ではございますが、自分の芯というのが確固としています。この自分の芯の考えの元、面接官を評価してみてください。そうすると、あら不思議。

理解力低いなこいつ。

と面接官に対して思えてきます!せっかく、あなたの質問に対して村長がわかりやすく説明してあげてるのにも関わらず、理解できないから突っ込んだ質問をしてくるなんて!よく面接官してるな。やり直してきなさい!と思えてくるかもしれない。そうすると視点がかわるかも知れませんよ。

6歳児に説明できなければ。

アインシュタインの言葉です。6歳児に説明できなければ理解できたとは言えない。面接官を6歳児と思ってください。その6歳児にわかりやすく伝えるために、自分のキャリアの棚卸をして、伝える力を育む。

 

応募先を決めているのは誰だ?

自分だ。じゃあ文句言わないでください。他人のせいにしているから応募先が見つからないんですよ。以前に記事にしましたが

応募先を探す方法を知りましょう。

大手転職サイトやエージェント頼りにしていて、文句ばっかりいってるのは怠慢だ。自分の転職活動なんだから自分で動くべきです。

応募先の探す方法は、村長の以前の記事を参考にしてください(笑)

 

期待しない

転職活動だけではございませんが、期待するから裏切られた時にショックを受けるんですよ。他人に期待をして良い結果が出ることはありません。

良い結果が出たのであればタマタマです。

運です。因果応報という言葉はありますが、あれも自己暗示の一種です。占いと一緒です。善い行いをしたから自分に返ってくる。悪い行いをしたから自分に返ってくる。そりゃ生きていたら他人にとって善い行い、自分にとって善い行い、は山ほどしています。悪い行いも同じです。両方山ほどしています。

もともと人間は都合の良い生き物。

都合の良い生き物だったら、その生き物らしく、都合の良いことだけ考えていきましょうよ。他人に期待せずに、自分にとって都合の良いように、自己防衛をはる必要があるメンタルの持ち主なら最初から他人に期待しては絶対にいけません。期待していい人は、裏切られても気にもしないメンタルの持ち主のみです。

 

SNS見なければいいのでは?

自分だけが取り残されている感があるのであればSNSを見なければいいんですよ。自分から見ておいて、メンタルやられてはいけません。とは言っても、見てしまうのが人間です。言葉を変えよう。内定が出たーとか言って喜んでいる人がいたのであれば「うらやましい」「良いな」とか思うのでは無く

ほほー。やりおるな。

と思いましょう。どこか他人事。これが大事です。他人事だから嬉しくも思えます。心配しなくても他人です。「一緒に頑張っていこう」と言っても、一緒に頑張れるのは同じチーム内で同じ目標を目指している人達だけです。

志望企業が違う時点で同じチームではありません。

スポーツで言い換えるならば、野球選手を目指している人と、体操選手を目指している人とでは、努力の方法も違いますし、目指している姿や身につけなければいけないスキルも違います。転職活動をしている人達は、

大枠で似たような目標に進んでいる人。

と村長は思っています。大枠なので、例えば村長のブログでも、役に立つ情報な場合もあれば、全然役に立たない情報の場合もあります。人によって受け取り方も感じ取り方も違うのです。

だからね、他人をあまり見ない方がいいですよ。転職活動をしている時ってメンタルを正常に保てません。何だかんだ言って弱くなると思います。愚痴や話をしたいときはすればいい。けど、反応を相手に求めない方が自分のため。と村長は思います。

\ スポンサードリンク /

 

 

まとめ

転職活動にしろ何にしろ、疲れてきたら休む必要があります。身体に異変が現れたのであれば、それは心のサインです。心のサインを無視し続けると、心がどんどん弱ってしまいます。

メリハリをつけましょう。

心が弱ってしまわない様に、可能な限りメリハリをつけましょう。転職活動が上手くいかないと辛いとは思います。その辛さは重々承知しています。でも、やっぱり一番大切なのは身体だと村長は思います。

以上、転職活動に疲れた時、辛い時にどうすれば良いか?完全に村長の主観でした。まぁこういうブログ書く人もいるんだなぁ程度で目を通してもらったら嬉しいです。

次回はついにコロナ禍の転職活動が終わる事となります。

 

 

ランキングをポチっと押してくれたら嬉しいです。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ

はてなブログの方は読者登録してくれたら嬉しいです。

プライバシーポリシー お問い合わせ